こいぬのおやつ

ドッグフードを選ぶときは犬の年齢に気を付けて

大切な家族の一員である犬には、それぞれの個体に応じたドッグフードを選ぶことが大切です。
ドッグフードはずっと同じものを与えるのではなく、犬の年齢に応じて変えていく必要があります。
犬の一生は、生育期、青年期、老年期の3つに分類されます。
生育期は離乳してから1歳まで、青年期は1歳から7歳ぐらいまで、老年期は7歳からを指します。
生育期は犬の体が大きく成長するときで大量のエネルギーを必要とするため、高カロリーで栄養価の高いフードを選びます。
青年期は健康を維持するために必要な栄養素は摂取しつつ、カロリーの過剰摂取による肥満に気を付けます。
カロリーコントロール対応のフードも出ているので活用すると便利です。
老年期には犬の老化が進行していくので、青年期同様に健康の維持を目的としながら、柔らかめのものや消化の良いものを選びます。
缶詰やアルミパウチのウェットタイプのフードも便利です。
年齢による分類がなされているドッグフードが数多く出ているので、愛犬の好みや予算に合わせてお気に入りを選択することができます。

飼い犬の年齢に適したドッグフードの選び方

飼い犬のエサは市販されているドッグフードを与えるのが一般的ですが、同じ物ばかり与え続けると栄養バランスが偏り体調不良などのトラブルが生じることがあります。
特に同じ犬種であっても年齢によって必要な栄養が異なるので、それぞれの年齢に適したエサを与えることが飼い主の務めです。
近年では飼い犬の犬種や健康状態、年齢に適した栄養バランスに沿って配合されたドッグフードが開発されているので飼い犬に適した一品を与えることが可能になっています。
また、同じ効果を謳うドッグフードでも製造メーカーによって味付けや口当たりがそれぞれ異なるので、飼い犬が好んで食べる物を選ぶように心がけます。
エサを与える際は一度に食べられる量だけを小分けにして与えることが過食や栄養不良などの弊害を防ぐための心得になります。
飼い犬の体調を良好な状態に保つことが長く飼い続けるための条件なので、飼い主は日頃からエサやりに気を配る姿勢を持つことが大切です。

recommend

アリバイ会社に籍を置いて賃貸を契約

Last update:2018/10/4

Horaizun (C)こいぬのおやつ for you 2009 All rights Keitai-denwa.