こいぬのおやつ

安全なドッグフードを見分けるポイント

愛犬の毎日の食事に便利なドッグフードは、今日では多種多様のものが販売されています。
これらは価格が幅広いのも特徴ですがなぜでしょうか。
そもそもドッグフードには人間の食べ物のような厳しい基準がないので、メーカーによって使用する原料などにバラつきがあり、それが値段に直結しています。
フードの価格を安く抑えるために、材料費のかかる食用肉は使用せずに食用ではない部位の肉を入れたり、大量の香料を使って美味しそうな匂いをつけたりします。
安いものには安いなりの理由があるので、価格は安全性を判断するひとつの基準になります。
また、1袋の量が多いもので開封後何か月経っても傷まないものは、保存のために添加物をたくさん入れているといえます。
最も安全なドッグフードは人間が食べるのと同じ食材を使用して作っています。
犬向けなので薄味ですが、人間が食べても「美味しい」と感じる味になっています。
原料をよく見て、許容できる金額の範囲内で、より安全なものを見つけることが飼い主の役割と言えます。

愛犬が安全に食べることが出来るドッグフードの選び方について

ドッグフードは犬に与えるために加工されたエサで、現在では犬種や年齢、健康状態に応じた栄養素が配合されている商品が多数販売されています。
そのため、愛犬に適した一品を与えることが可能になっています。
その一方でドッグフードの品質によっては体調不良などのトラブルの原因になることもあるので、安全に食べさせることが出来る物を選ぶことが飼い主の責任です。
ドッグフードは人間用の食品と比べて安全基準が緩く、極端に価格が安い商品は品質が劣っていたり成分表に記載されている原料が含まれていないことがあります。
また、稀に異物が混入している事もあるため、愛犬の健康を守るためには信頼できるメーカーの商品を選ぶように心がけます。
品質が良く栄養が豊富な商品であっても取扱いに問題があると愛犬に悪影響が及ぶので、清潔な環境で保管することが大切です。
鮮度を保ち、衛生面の管理を徹底することが愛犬と長く暮らし続けるための条件になります。

pickup

オリジナルのマグカップなら

Last update:2017/8/24

Horaizun (C)こいぬのおやつ for you 2009 All rights Keitai-denwa.